mijn plek!

Kyoto⇄Nerherland 旅とごはんといつものくらし

PARIS 2020

すごくむかしのことのようなParis

 

ついこのあいだだったのに。

オットが出張でいない2月休暇、せっかくなのでパリの友人を訪ねて母子3人でパリ4泊5日旅。このころはまだコロナはアジアの存在だった。。。

 

DAY1.

がんばってどきどき早起きしてロッテルダムにも早めについてたのに、タリスはDelay。油断してたら時間通りにきた!と思ったらめちゃくちゃのんびり走行で、4時間以上かかって到着、1時間後にでたはずの後発にぬかされた、、、

 

でもパリ北駅まで迎えにきてくれた友人の顔をみたらほっ。

5年ぶりのParisNord!財布だすと狙われるから、と地下鉄の切符まで用意してくれてた。。。ありがたや。オランダにいるとちょっと気が抜けてるから引き締めなおす。きゅ!

 

友人宅はパリのど真ん中、Saint-Sébastien Froissart駅のすぐで、4泊も世話になってありがたすぎ。

荷物をおいて早速お昼ごはん。Marché des Enfants Rougesに。マルシェというより屋台街??日本食もあった〜〜スタンドもいろいろあって、おもしろそう。

Pig characterはマルシェの道挟んだとこにあるシャルキュトリー。好きなハムでジャンボンブレをつくってくれる!いわゆるボンレスハムから生ハムまで色々ありすぎて選びきれない!!

f:id:mica_ueda:20200706125931j:image

サンドイッチ1本で7.5€とかするのやっぱパリやー。でももうこのシンプルなサンド最高においしくて、こどもたちもハイエナのごとくかぶりついてた。

まだあったかいバゲットにお肉屋さんのハムと発酵バター!こうゆうの大好き。

 

さっと近くでコーヒーのんで、一休み。

 

パリに来たものの、特になにも目的がない、というより、こどもたちがどれだけ歩いてくれるか?あれもこれもと思っていたら、思い通りにならなかった時自分で悲しくなってしまうので本当にただタリスに飛び乗った状態。せっかくきたからルーブルで記念撮影!風強くすぎて飛ばされてわらった。前行ったから今回はカットする。

f:id:mica_ueda:20200706130112j:image

せっかくなのでエッフェル塔も見る?

f:id:mica_ueda:20200706130235j:image

 とりあえずおのぼりさん。してる場合じゃなかったーとゆうくらいこの後よるご飯難民になった。大人1子供2なんてレストランもはいれへんよな、、、と考えすぎてたらどんどん夜に。ああ入りにくい。でもマクドナルドいやだ。

 

そして恐怖の「おかあさん、トイレー」、、、

 

そんなとき目に飛び込んできたカフェCafé L'Arsenalがカジュアルでみんな軽く一杯やったり、つまんだり、コーヒー飲んだり、と入りやすそうだったので(あとテーブルクロスがわたしのすきな赤のギンガムチェックだった)から、入ってみたら暖かくむかえてもらって、心からほっとした。わたしはビールと、こどもたちはホットミルク、おつまみつもりのポテトとソーセージはもちろん瞬殺された。

f:id:mica_ueda:20200706130558p:image

心はあったまったので、帰りにあったモノプリ、Lenôtreで少しデリを買って結局うちごはん。子連れ旅は欲張らない。

 

DAY 2

さっき欲張らないと言ったとこだけど、いちにち一個くらいはがんばりたい。

今日はLADULEEでモーニングをたべるぞ!

一応ウェブから予約していったけど、マドレーヌ寺院前のロワイヤル店だったからか空いていた。スマートなお兄さんたちによるおもてなし。今はなき京都BALのマリアージュフレールの喫茶思い出す。ここは王道のパンベルデュでしょう。ドリンクもつくモーニングセットも頼んでシェアすることにしたら、モーニングセットがすごくてドリンク2つとパンが5個きた。ひー

 

f:id:mica_ueda:20200706130841p:image

 

息子はパリ5日の中でここのパンベルデュがもっとも美味しかったと言ってた。わたしは一口しかたべられなかったけど、ブリオッシュ生地のいわゆるフレンチトーストは、じゅわーっとまさにとろける口福そのもの。小瓶に入ったかわいいメープルシロップとジャムはきっと持って帰ってもいいのだろうけどあっさり底がついてます。

 

そんなわけでおいしすぎて一瞬で姿を消したパンベルデュ、コスパわるし。

それにひきかえモーニングセットのコスパすごいなーテーブルはみだしてるよ。ドリンクのショコラショー粘度!!これは食べ物か、、、?バルセロナチュロスにつけたやつと酷似。飲み物ちゃう、、、もうおなかいっぱい。。。

 腹ごなしに散歩。

パリの道具屋街、レアル地区は日本人ばかりでびっくり。しかしオランダからくるとなんでも高い。

 

パリにきたらたべたいものはいっぱいなのに、軟弱な胃と燃費の良い自分くやしいぃぃ。でも歩けばおいしそうなものばっかり目に飛び込んでくる!!!

我慢できなくて飛び込んでしまったメゾンカイザーバゲット!!!焼きたて!!!!

f:id:mica_ueda:20200706130913j:image

小脇に挟んでつまんじゃう。

 テクテク歩き回って大好きなボンマルシェのグルメ館!!友人とも合流。

おトイレもフリーで綺麗で安心(そこ大事)

何時間でもいれそう〜〜けど子どもたちは5分で飽きる〜〜涙

なつかしのフェルメールさんのジャム買って、近くの公園、、、そう公園、どこの国言っても公園行ってるわ、、、

f:id:mica_ueda:20200706130952j:image

 

けど街の繁華街とかって絶対公園あるんだよね、どの国も。多分こどもたちをお父さんたちが遊ばせてまってるんだろうね。この日は小雨まじりだったからあんまり人いなかったけど。

外は寒いしもうこの日はもうおしまい。少し前にニュースではみたものの、本当になくなってしまっていたノートルダム寺院を遠目にみて帰宅。涙

 

f:id:mica_ueda:20200706131041j:image

 

この日はお世話になってるおうちのホストとラクレットごはん!ちかくのカルフールでいろいろ買って、おうち飲み。現地家飲みいちばん好きや、、、落ち着くし、その土地の人のたべてるものが近くてたのしい。特にこの3人旅だからゆっくりできるの最高!

それにしても、ラクレット機なんて、フランス〜〜

f:id:mica_ueda:20200706131115j:image

 

DAY3

土曜日です!週末です!!蚤の市だけは今回がんばって行きたい〜〜

こどもたちとでも周りやすい、治安がわりとよい、などの情報を頼りにヴァンヴの蚤の市にいってきました。なぜか道を間違えたどり着くのに無駄歩き(をこどもにさせてしまった)反省。。。なぜ、、、本当はメトロ駅から徒歩2分です。

 

開放的で見やすいし、アジア人多すぎて危険感じませんハイ。なんだかな。

そしてちょっと割高パリ価格。みなさんアジアの観光客に慣れておられる様子。

歩き進めたらだんだん雰囲気変わってきて市民のゴミの市、、、?ん???途中からおかしくなったけど

ここで出会ったかわいいナイフとフォークはお気に入り!収穫はこれだけくらいでしたが雰囲気楽しんだ〜〜と思ったら超!豪雨!!!ゲリラ豪雨!!!

ひえーーさっきまで本めっちゃひろげてたけど大丈夫なんやろか、、、

雨もすごいし中心部に戻る。パリ市庁舎の前で降りてみる。おーきれい、と見惚れるひまもなくこどもたちはトイレにいきたいらしい。とほほ。いつもトイレさがしてるよ。

目の前のLe BHV Maraisにかけこんだらトイレも無料で子供服もセールでちょっと楽しい。藤井大丸みたいな感じかなあ?

 

お腹減ったからクレープ!帰り道のCrêperie Suzetteでひと休み。

 

f:id:mica_ueda:20200706131247p:image

f:id:mica_ueda:20200706131432j:plain

C3-POがころがっていて喜ぶむすこ

 

 

キッズフレンドリーでおちつけるとこだった〜ほっ!マレ地区をうろうろ(こどもたちをだましだまし)、mercibontonもかわいいなあ。むすめにかわいいカチューシャ購入。merciから徒歩3分で帰宅できちゃう。感激。

 

よるごはんはホストのおふたりといっしょに外食。パリでビストロ、いい響き。。。子二人と自分だけだと行きにくかったからうれしい。しかも通訳付き、あんしん。

連れてってもらったのはおうちから歩いていける、Le Café des Muséesへ。何度もいうけどすばらしいロケーション。

はじめは静かだったけど、気づいたら満席だった。そして日本人も何組かいたから、ガイドブックにのってるのかな??おすすめのboeuf bourguignon(牛肉の煮込み)をみんなで頼んだら、大きなSTAUBのお鍋いっぱいにシチューが。とろけるおいしさのシチューにクリーミーなマッシュポテトが絶品!


f:id:mica_ueda:20200706131428j:image

 

カウンターにならぶケーキたちもどれもおいしそうすぎたけど、もうおなかいっぱい、、、ああ悔しい、、、

 

DAY4

日曜日!雨。

意を決してクリニャンクールの蚤の市も行ってみることにする!!

 

クリニャンクールも地下鉄ですぐ、観光スポット!スリスポット!!!約2500店舗が常設の、あまりの広さに子連れには到底無謀。地下鉄から蚤の市まで行く間も定番のゴミの市を通り抜け、あやしげなバッタもんエリアもとおりぬけ。

 

カテゴリーごとにきちんとエリア整備されているのでアンティーク小物やお洋服の多いVERNAISON(ヴェルネゾン)地区のみに絞ることにした。

f:id:mica_ueda:20200706131533j:image

かわいいお店いっぱいやったのにこれしか写真ない、、、ちーん

そこだけでも充分広くてたのしい!ずっといたい私とは逆にこどもたちはもう帰りたそうだ。。。噂には聞いてたけどやはりちょっと高め、同じ皿オランダの10倍するぜ。でもフランス!て感じのかわいいものもたくさんあるし、やっぱり品揃えもクオリティもすごい。わけのわからないものも、家具もいっぱい買いたいけど、このあと子供たちと雨の中うろうろするかと思うと、、、でもほしかったアンティークのワンピースにも出会えたし、あとは小物を少し!で終了!!リネンやさんのおばさんとても優しくてよかった。あーまた行きたいな。。。いつになるんだろうな、、、

 

おひるは、5年分にRosebakeryにいきたいなって決めてたので、雨の中バスで向かう。

(友人がこのクリニャンクールの駅の前のLa Recyclerieとゆうカフェをおすすめしてくれてたけど、そこも良さそうだったー朝も早すぎてあいてなかった)

 

Rosebakeryは数年前に移転リニューアルしたらしく、前とは場所も雰囲気もちがってたんだけど、ものすごいよくなってた〜〜〜前の地元感もよかったけど。

大雨なのにちょっと並んだけど、待っててよかった。中でまてたしね。

f:id:mica_ueda:20200706131951p:image

エッグヴェネディクトがめちゃくちゃおいしくて取り合い。キャロットケーキも欠かせない。でかいわ〜〜まんぞく!!

おなじエリアに、グロッサリーストア、テイクアウトのデリ、カフェ、と3店舗展開してて、どれもかわいい。テイクアウトデリと焼き菓子を少し買って。

 

午後からはこどもたちに捧げるときめてたので、向かったのは国立自然史博物館

第一日曜日、パリはミュージアムデイで、名だたる美術館も、ヴェルサイユもフリー!!この日はちょうどそれにあたってたんだけど、つまり大混雑が予想されるので、ここで逆に有料のミュージアムをセレクト、、、EU市民なおかげでこどもフリーだしね、ラッキー!でもここ選んで本当よかったなー!てくらいこどもも大喜びだった!!おとなも大興奮、大盛り上がりの展示。ほぼフランス語で読めないけどそれでもたのしい◯

f:id:mica_ueda:20200706132032j:image
f:id:mica_ueda:20200706132036j:image

結局閉館までいてしまって、あわよくばもうひとつくらいミュージアムいけるかな?なんてのは甘かったわ。おおきな植物園の中にあるから、天気さえよければ1日楽しみにきてもよかっただろうな。

 

帰りにギャラリーラファイエットの地下によって(モビリス1日券酷使)さいごのおみやげ(自分用バター、自分用ジャム、自分用etc...)とよるごはんを買い出し。ここは日本かとゆうぐらい日本人ばっかりいたのでなんだか冷めてくる〜

 

そしてまだ攻める!凱旋門登る!!

 

荷物重いけど!わたしが間違えすぎててなぜか見えてるのにたどり着かない凱旋門。これも今日はフリー!!

 

すごい螺旋階段目が回る、、

 

 

f:id:mica_ueda:20200706132129j:image
f:id:mica_ueda:20200706132126j:image

あえての夜にしたけど大正解〜〜この時は雨も止んで。パリの夜景がめちゃくちゃきれいだった、大都会パリにエッフェル塔、キッズも大喜び。さいごのお土産コーナーにもれなく盛り上がっていた。

 

盛りだくさんのさいごのよる。

 

よるごはんはおうちで買ってきたデリとワインでのんびりとしめくくり。いっぱい歩いたからこどもたちもお疲れ。

あっとゆうまだったなあ。

 

DAY5

最後の朝。やっぱり雨。電車は15時ごろだったから最後まであそぶ。

朝いちばん、こどもたちがまだ寝ている間に、すこしお願いしてDu Pain et des Idéesまで朝ごはん調達がてらおさんぽ。おいしい朝ごはんのためならば!

 

 

ここも5年ぶりに行ったけど、どれもおいしそうで迷ってしまう〜。定番のエスカルゴは必食。ぐるぐるおいし。クロワッサンは昨日たべたMAISON LANDEMAINEのほうがこどもたちはおいしかったらしいけど。

 

f:id:mica_ueda:20200706132442p:image

身支度できたらMAILLE本店!へ。

てこれ、こないだ行ったラデュレのすぐそこだった、しっぱい。

みたことないマスタードたくさん!試食たのしい。あこがれのポンプで直接いれてくれるフレッシュマスタード〜〜マスタードの瓶も選べるのかわいい。しかもなくなったらまたそこにいれてくれるらしい。

f:id:mica_ueda:20200706132458p:image

 

目の前のマドレーヌ寺院みて、コンコルド広場まで散歩。

ベルサイユのばら好きやったから、こみあげるわ。。。感慨深い。。。

帰国してからマリーアントワネットの伝記を買い与えました。

f:id:mica_ueda:20200706132539j:image

 

思い残すことは、もう、

あとはファラフェルだけ!!L'As du Fallafelのファラフェルたべたい!!

雨のせいか全く並んでなかった!ラッキーだけど、たべにくいことこの上ない。

 

いやそれをおいてもめちゃくちゃ美味しい。揚げたてファラフェル、、、揚げなすもキャベツのマリネもトマトもいい仕事してる。おいしいよ!!!

 

f:id:mica_ueda:20200706132653p:image

 

雨のなか無理やり食べ歩き、、、

 

5年前のおもいで食べ物めぐりのようなパリ、、、悔いはない、と言いたいとこだけど、ほんとはもっと食べたい!もっとうろうろしたい!!やっぱり楽しいよパリは。

 

最後にmerciでホストファミリーにプレゼントを買って、お別れ、、、

また遊びにきたいです。

 

荷物まとめて早めにパリ北駅へ。

あまりにもスーツケースおもくて階段手伝ってくれたおじさんに笑われる。トラブルもなくタリスも運行中。ほっ。

時間余裕だったので、オランダにはあんまりうまいバゲットないし駅にあったPAULでバゲット買う。むすこのリュックにさしちゃう。

 

f:id:mica_ueda:20200706132803j:image

 

タリスに乗ったら3時間ほどでもう家についちゃって、びっくり。


f:id:mica_ueda:20200706132932j:image

買ってきたソーセージ焼いて食べてる。

そうだよねーもっと行けばよかったね、フランス。

 

同じ日に、父ちゃんも日本出張から帰国。

 

たのしいパリ旅行だった。

こどもたちもいっぱいがんばってくれて感謝。見返すと全然写真とってなかった。傘がね、、邪魔で、、、ほぼ全日程雨だったこと以外は、大したトラブルもなく、すこし心配したRacismも鈍いだけかもですが感じることなく楽しく過ごした。

このあとしばらくして、パリがロックダウンされるなんて思っても見なかった。

 

またあの街を歩けるのはいつになるんだろうか。

いろんなことに負けないで、魅力的で美味しいパリのままであってほしい。そしてまたいつか訪れることができますように。

 

 

 

 

 

Leiden

I didn't know it would turne out to be the last going out in the Netherlands.

 

Always Leiden is the last destination in my jorney of the Netherlands as 5 years ago.

I visited memorable places in Leiden.

Windmill,French groceries store,a coffee winkel,and cafes.

 

I walked here 5years ago with carrying my 7months old baby.

Now,she is 5 years old,but nothing had changed.

 

 

 

It was nice sunny day,and suddenly it started raining,,,Dutch standard!!

 

I should have come to Leiden earlier!!

I knew,but it's really nice city!!

 

I'll come back some day!!Definitely!!

 

5年前の記憶めぐりの旅に、ライデンの友人を訪ねてでかけたライデンが、オランダ最後のおでかけになろうとは。。。この時は予想してなかった、、、

 

前回同様、さいごはライデンにかけこむ、、、いつでも行ける距離ってゆうのがまた油断するよね、そしていつも後悔するから全身全霊でいつも遊びたいのにオランダ寒いし雨だし毎週毎週週末は来たのにデルフトが好きなの!とか言い訳してダラダラしてしまっていたことを嘆いてももう帰国しちゃってるしね。

 

しかも全てはとき遅しだけど、ロックダウンしてからというもの本当に本当にいいお天気で、雨とか一滴も降らなくて、みんなもうとにかく庭を充実させてたオランダ。まさにこれ↓笑うしかない。

 

f:id:mica_ueda:20200413155127j:image

 

エニウェイ、やはりライデン好きだ。

5年目はむすめをだっこしてあるいたなあ、、、むすめはおおきくなったけど、すてきな風車も、街並みも、、、かわってない。

 

f:id:mica_ueda:20200413155434p:image

5年前に買った、鴨とオレンジのパテがおいしすぎて、もう一度絶対行きたかったところ。フランス風シャルキュトリーがおいしいお店。生ハムやチーズ、おやつや缶詰などなどフランスから来てる品々にあれもこれも欲しくなる。ワインも充実、わたしはライデン地ビールを購入。それもたくさん種類あってたのし。あれもこれも試食させてもらったチーズは日本で噛み締めてる。(あぁーもうなくなるー)

 

De Fransoos Cheese & Delicatessen

Doezastraat 8, 2311 HB Leiden

 


f:id:mica_ueda:20200413155427p:image

オランダ1古い、と言われてる紅茶とコーヒーのお店。すてきなマダムが1人で次から次へとくる常連さんを捌いてた。みんなお気に入りがあって、迷わず買っていく。週末は行列だそうな。

Cloverleaf

Hogewoerd 15, 2311 HE Leiden

 

連れてってもらったランチもすてき!

f:id:mica_ueda:20200413155423j:image

はじめてたべる、"shakshouka"なるたべもの!イスラエルの卵料理🥚なんだって。スキレットに熱々のトマト野菜煮込みととろーん卵。レモンきゅ!としぼって、もっちもちの生地にオリーブオイルじゅわっ!のパンと。おいしー!!

朝ごはんにもいいな。

でもビールとたべる軽いランチにもぴったり!!

 

ここのお店のパンケーキもコスパ抜群ですごいらしい。またライデンいったらここでランチしたいな、、、だからこの大変な時期をのりこえて、どうかまた元気にオープンしてくれますように、とこんな遠くからこっそり祈ってます。

 

f:id:mica_ueda:20200413160852j:image

Bar Lokaal

Hartesteeg 13, 2312 JW Leiden

 

ライデン在住の由紀さんの本を片手に5年前に散歩した思い出めぐりだったのだけど、今回はなんとご本人と一緒にライデンめぐりとゆう贅沢な。

最後にいい思い出になった、、、

 

楽しいユキさんのセンスで紹介してくれるオランダは間違いなし✨のお店ばっかり。オランダくるならぜひこの本片手に↓↓

 

f:id:mica_ueda:20200413161916j:image

かわいいに出会える旅 オランダへ (旅のヒントBOOK) https://www.amazon.co.jp/dp/4863209576/ref=cm_sw_r_cp_api_i_JbbLEbXHMZF34

 

さいごに、

Haarlemmerstraatをウロウロ、してたらアンティーク やさんや古着やさんやら、もう楽しくて時間ギリギリまで遊んでしまったけど足りなかったライデン。

 

フランスの蚤の市とか、ほんと、オランダのセカンドハンドで2.3€のもの5〜10倍で売ってるヨ!盛りすぎ!!

 

帰国前荷物増やしたらあかんのに、つい、、、ライデンいいわ、、、

 

そして最後はお決まりのスコールに降られる。もう傘とか持たなくなってしまったわ、、、

 

あーもう一回、こんどは家族で行こうと思ってたのに!

まあね、

またぜったいまた行くよ〜〜

 

 

 

Back to Kyoto

We've arrived Kyoto.

 

We have to stay at home for 2weeks,but that's nice at least my home.

We had so difficult time the end of days in Delft,there were lots of information,we had many things to decide.It's realy shame we couldn't say good bye face to face.

 

But,now,we can stay connected with friends online!

 

I feel it was dream that we were in Delft.

But I could meet many friends,and I really miss all of you.That is my big asset.

 

Thanks all,I miss you!!

See you again!!

 

Apparrently,We can't enjoy cherry blossoms with friends in Japan this year...defitely next year!!

 

 

Whole family are staying at home,we can have every meal together,play games together,and study together!

it's really  calm and happy time,nomally we can't have it!

 

In spite of this situation,we can find many good things!Let's forcus on good things and stay at home happily!!

 

 

I believe everything is going well!!

 

f:id:mica_ueda:20200407155317j:image

 

 

 

Good bye Delft

f:id:mica_ueda:20200326114659j:image
f:id:mica_ueda:20200326114702j:image

こないだ来たところと思っていたのに、

 

 

コロナウイルスに翻弄されていたらあっとゆうまに帰国、、、

 

帰国前ドタバタすぎた〜〜

せっかくいいお天気だったのに、行動自粛でどこもいけなかったなぁ。。。

 

 

夢のような8か月だったな

 

 

でもたくさんの出会いがあって、やっぱりどんな心配も杞憂で、

めーーいっぱいたのしんだ!

 

かえったら2週間の自宅待機が待ってる。

 

お掃除がんばろ。

あとparis記も書こう。

英語も、またがんばろ〜〜

 

 

Good bye Delft,see you again!!

love♥

FOOD in Poland

〜じぶんのためのごはん記録〜

 

Polish food memo

 

1日目の夜ごはんは、オットの職場の方のおすすめ

Kurna Chata

https://kurnachata.pl/

ポーランド料理たべるなら!!!予約はとらないらしいので早めにいったほうがいいよ、とのことでしたが平日17時すぎだったのでガラガラ。

 

f:id:mica_ueda:20200218060549j:image

・Żurek ジュレック

ライ麦を発酵させた、ポーランド版味噌汁?的存在。伝統的にはパンにはいってでてくる、のをこのレストランでは味わえる、てことだったけど、うん、食べきれないね、皿でいいね、ごめんなさい。独特の酸味は子はあんまり?だったみたいけどわたしはすき。ヘルシーです、パン以外。でもとなりの人たちは一人一つ食べてた。ひとつ600円くらいだもんなあ、日本でいう吉野家たべてる感じ、、、?

f:id:mica_ueda:20200218060627j:image

・Pyzy ピズィ

マッシュポテトかとおもいきや、中にはひき肉。そこにグレイビーソースてきなものがかかっている。おいもがもちっとしてておいしいんだけど、ボリュームがすごくて食べきれない。中になにもはいってないのはKulsukiってゆうらしい。3つくらいだけたべたい。

f:id:mica_ueda:20200218060658j:image

・Kotlet schabowy コトレット

ドイツ近いのでほぼドイツのそれと同じ、そうトンカツ。ただ、肉はチキンだったり牛だったり選べるところも多かった気がする。やっぱり間違い無くて、子供達もこれが一番すきだったので大人はあまり食べれず。ちなみにこれも芋がつけあわせでついてくるからかなりしんどいことに。芋攻め、、、オーダー時に芋いりません、て伝えるのはヨーロッパでは大事。残すのに罪悪感でおいしくなくなるの私だけなんだろうか。

 

f:id:mica_ueda:20200218060812j:image

NANAN

https://www.facebook.com/cukierniananan/

 

誕生日だったので、レストランの帰りにみつけたケーキ屋さんでケーキを買う。

オランダでは見ない、宝石みたいなケーキ!!!

ポーランドの物価にしては、ハンバーガーにドリンクまでつけれるような値段のケーキ。お客さんもなんだかハイソサイエティ。

2つだけ頼んだはずなのになぜか4つも入ってた。レシートみたら3つぶんになってた。もうよくわからない。このぷるんちゃんの中身はムースだった(しかも結構しっかりめの)から、チョコやキャラメル系より、フルーツ系のほうがうんとおいしかった。

しかし甘いのそんなにな家族なので、4つたべるのに3日かかった(ほぼわたし)。

 

f:id:mica_ueda:20200218060907j:image

Stol na Szwedzkiej

トリップアドバイザーの評価があまりにもすごすぎて予約してみたレストラン。3日前くらいに電話したからとれたのは14時とゆう微妙な時間。子連れにはまあ気兼ねない時間。

 

それがまあ市街と空港のちょうど間くらい、みんなタクシーとかで行ってそうやったけど庶民なんでバス乗り換えてきた。1日券買ってたし。バス乗り換えて40分くらい。いわばイオンモール的な郊外ショッピングモールの裏のアパートの1階にそこはあった。

 

このレストラン、メニューがない。

オーナーが席にやってきて自己紹介。この店をつくったわけ、しかもこんな場所に、そして彼の腕のシェフたちの紹介。

それから、メモ帳とペンを持って来て

 

「さあ、なにが食べたい?まずはこどもたちからかな!」

 

こうゆうの、なかなか日本人は苦手だけどね。

あーーもっとぺらぺら〜〜っとしゃべれたら、もっともっと楽しめたと思う!!!

業務的にしか伝えられない自分たち悔しいです。

 

わたしたちのオーダーは以下

・こどもたちはパスタ。オイルパスタできのこはなしでチーズは好き。

ポーランドらしい料理!わたし初めて来ましたので!

・芋はそんなに食べられない、特に茹でた芋、、、

・量より質な感じで

・肉がすき

・嫌いな食材は〇〇と△△と、、、、

 

みたいな感じででてきた料理たち

 

特にパスタがおいしくておいしくて

もう子どもたちが絶賛!!!!

 

f:id:mica_ueda:20200218060944j:image

具のないペペロンチーノにパルメザンがかかってるだけ、それなのに超うまい。

そんで、なんと兄のはピリッと、妹のはマイルド仕上げとゆう神業!?!?どうなっている。

以下メモ

ザワークラウトとハーブのマリネ/ビーツとチーズのサラダ/柿とトマトのミントマリネ/きゅうりピクルス

f:id:mica_ueda:20200218061016j:image

 

チキンフィレのグリルに飴色玉ねぎのディップ

f:id:mica_ueda:20200218061052j:image
f:id:mica_ueda:20200218061057j:image
f:id:mica_ueda:20200218061102j:image

牛ステーキのきのこソース

ポークチョップとマッシュルームのブラウンソース

<デザート>

オレンジブラウニーかぼちゃソース

ピスタチオチーズケーキにブルーベリー

ブレッドプディングとかぼちゃディップ

 

肉好きゆうたから肉攻め〜〜そして芋でなかった〜〜

前菜は注文してからハーブ類も刻んでたし香り豊か。

チキンは胸肉だったけどしっとりおいしくて、飴色玉ねぎのディップソースおいしい

豚と牛はまあ予想できる味。おいしくいただいたけど。

牛に関しては、日本人はあの脂がとろける〜〜みたいのが好きだったりするしなあ。

豚肉はソースよりシンプルに塩味が好きなのかも。

 

デザートは、オットはkidsに出されたブラウニーが好きだったらしいけど、わたしはチーズケーキが濃厚で美味しかったなあ!チーズのほうにもピスタチオペーストが入ってて濃厚で、上にもかかってるからカリッとおいしくて、ブルーベリーがさっぱり。 パンプディングはちょっと食後には重い、、、

f:id:mica_ueda:20200218061413p:image

 

 

ワインも少しいただいて、300ズロチくらい?

ポーランドのかなり郊外でこの値段は多分現地の人にとってデイリーでないことは確かだけど、お店にいるあいだも、つねにお客さんがきては断られてたし、本当に隣の席のひと(こちらも子連れだったのでよかった)や、カウンターのカップルとも全く違う料理だった。オーダーメイドでこの値段はなかなかよき経験だったなあ。サービスも素敵だったし。

 

うーーん、英語もっと慣れたい。。。

そしてまた行って見たい!新しいレストランでした。おすすめ!

ちなみに、、、オットの同僚ポーランド人に予約とってもらったのでスムーズだった。あはは。でもスタッフはみんな英語大丈夫だったよ!!!

http://stolnaszwedzkiej.pl/

 

へんな時間にたべすぎたら夕飯食べれへん。胃袋ふたつほしい。

 

Pierogarina Stary Młyn

http://www.pierogarnie.com/l,3,stary-mlyn-wroclaw.html 

あのかわいいマルクトのなかにあってにぎわうピエロギやさん。

オットの職場の人たちもピエロギならここ!と行ってたので、結局ピエロギはここでしかたべていない。

 

 

 

水餃子的なのと、焼いたのと1皿ずつ、とPLACKI(プラツキ)てゆう芋もパンケーキ、それからMulled beer!!つまりホットビール。

 

 

一回のんでみたら?と言われてはいたけど勝手にふたつ頼むオット。

やってきたそれは、確かにビールなのに暖かい。中にオレンジとクローブがはいってて、いつもはまっしろの雲みたいな泡の上にシナモンがかかってる。そして小瓶にはいったベリーのジャムはお好みでいれるらしい。

 

f:id:mica_ueda:20200218061613j:image

(関係ないけど、日本のあのとろーんとした絹のような泡恋しい)

ひとくちのむと、たしかにビールで、あったかいくせに炭酸。不思議だけど、どうしてもホットワインの印象が強いせいか甘いほうがうまい気がして、ついてきたジャムもどばどば投入。勢いよくいれたらビールだからすごい勢いで発泡してテーブルがビールびたしになったので、あくまでビールであることを忘れてはいけなかった。

甘くしたらおいしい、気もするけどあったかいのはワインでいいかな。ビールは夏にキンキンのやつがいちばん好きだわ。

 

本題のピエロギはうまかった。

すすめられるがままに頼んだ水餃子に似たそれは、想像に反して中身が(また)芋で、豚肉のソースをかけてたべると非常に美味。

f:id:mica_ueda:20200218061657j:image
f:id:mica_ueda:20200218061702j:image

f:id:mica_ueda:20200218061742j:image

対して焼きピエロギはさくさくで、こちらはまさにピロシキにちかい。息子はえらく気に入っていた。

プラツキとゆうパンケーキは、すりおろしじゃがいも(またまた)を揚げ焼きする料理、おいしくないわけない。カリカリの部分がそそる〜。けどこのソースがパプリカトマトミートソースみたいな、まあよくある感じなんだ〜〜。こーゆうじゃがいも一度解体してもっかい引っ付けて焼くみたいな料理は西欧中にあるけど、中ではスイスのロスティがシンプルで好きなのでそこは超えて来ない感じ。まあここはプラツキはおまけ程度の存在なので、まだ判定をいいわたすには早い。芋に疲れた私はまわりのカリカリだけを食べるという暴挙に出たが、このカリカリを失った芋の哀れさ、、、

 

カジュアルでピエロギ以外はあんまりないから昼向けかな。でも帰るころにはめっちゃウェイティングしてた。

 

うん、でも、わたし水餃子のほうがすきや、ていうかふつうの(日本の)餃子がすきやわ、やっぱりアジア人やから、仕方ないよ

 

Golabki

f:id:mica_ueda:20200218061821j:imageをむ

これは他の街にいったときにたべたんだけども、ロールキャベツ。

中身は肉と米。それにトマトソースなのでもちろん嫌いなわけない味!

ただしものすごいでかい。1つがこぶし大で逆JARO。わたしはひとつも食べきるまえに飽きた。アジアのフードはいろんなものちょっとずつって文化あるけど、こっちはあんまりないよなあーみんな飽きないのかなあーーーそもそもオランダ人なんていつもパンとハムだけだし1食の中で飽きるとかないのかなーーといつも同じ疑問。でもわたしラーメンもうどんも途中でガンガン設置されてる調味料をいれまくって最後にはシェフの意向を完全に無視した色の汁作っちゃうし私がわるいのかもしれない。

うん、でも基本的にはうまいからみんなで食べればいい。

Bigos(ビゴス)

f:id:mica_ueda:20200213065122p:plain

これはオットがわたしたちと合流する前にたべたらしくて、いちばんうまかったとゆうので、よくあるインスタントスパイスを買って家でつくってみた。ザワークラウトと肉やソーセージを、何日も煮込む食べ物だそうで、たしかにうまい。けど大量にできてしまって困った。レストランでも食べて見たかった。

 

ポーランドのチーズ

オランダに負けず劣らずの酪農大国!と聞いてたので乳製品だいすきなわたしは大喜びです。

カルフールがホテルの近くにあって、旅行中2回も来た。

f:id:mica_ueda:20200218062039j:image

眺めてるだけで福♥

 

 

plac Dominikański 3, 50-159 Wrocław, ポーランド

 

でかいカウンターでチーズもハムも量り売りしてたので、事前に調べてたチーズをあれこれちょっとずつ買ってホテルでたのしむ!最高!!

 

なかでも気に入ったのは

Rokpolてゆうブルーチーズ。ブルーなのにあっさりしててたべやすくて、すぐなくなった。「Rokpol」の画像検索結果

 

Bursztynてゆうチーズはほぼオランダチーズ。食べやすいハードタイプ。「bursztyn cheese」の画像検索結果

Twarogとゆうなのフレッシュチーズは、さらにパサっとしたカッテージみたいな?これでチーズケーキもつくるみたいだけど、めっちゃあっさりしそう。サラダとかにのっけてたべた。

あとまだためしてないふれっしゅチーズも何個かある。以外とロングライフだけど油断しないで早く食べなきゃ。たぶんブルサン的な、予想。

 

あと食べて見たかったのがオスツィペック(oscypek)ってゆう、山奥でつくられる伝統的な羊チーズ!!!

 

「oscypek)」の画像検索結果

が、チーズコーナーで聞くもないってゆわれ、スーパーでみつけたのは全て牛乳でできた模造品であった。焼いてクランベリージャム添えて食べるとゆう、それはよだれな響なのに。しかたないのでその模造品で我慢して上記の方法で食したけどやっぱり牛だから普通でした。いつか本物たべてみたい。

クリスマスマーケットとかにくればいいらしい。いいなあポーランドのクリスマスマーケット。。。オット氏いつかお願いします。

 

同じく乳製品でジェラートもかなり質が高いらしいけど、寒すぎて食指動かず。

やはり夏も、、、オット氏、、、

ソーセージとハム

いやいや、このへんどこもそれはうまいでしょ、と思ってたけど、ダントツこの国がうまい。ソーセージもハムも。そのジューシーさたるや、、、よもや豚の魔術師。

ちなみにドイツのはややパサついていた記憶、てゆうかこれ乳化できてへんとボソボソなってるやん、みたいなとこも多かった(いや、店の質かもごめんなさいドイツ)のに対してポーランドははずれなし。オランダは実はゆうほどソーセージたべなくていわずもがなのあれ(なんとかworst)しかないから放置。太めの粗挽きが主流で、燻製されててパリッッ!!!とするのが日本人好み〜〜ハムもこんがりにジューシーがぎゅ!そのへんのスーパーのでも断然安いうまいし種類はんぱないけど、ポーランド語の読めなさも半端なくてぜんぜんちがいわからん〜〜スタッフのおすすめと勘で注文。ぜんぶおいしいです、ここに住みたいけどポーランド語ほんとうにきびしい。

 

Pączki(ポンチュキ)

f:id:mica_ueda:20200227190359j:image

なんかドーナツやさん多いなーと思ったら、名のある国民食だった。ドーナツというより揚げパン?エンゼルクリームどっしりさせた感じ。バラ味が伝統的らしかったんだけど、そうとは知らずになんかふつうのクリーム入りとか食べちゃった。結構ヘビー級だけど2月にこのドーナツ食べまくる日が存在するらしく興味深い。

 

・チョコとかおやつとか

 

f:id:mica_ueda:20200218062209j:image

チョコめっちゃ推してる。紫のパッケージのmilkaはどこでもあるけど、この国の推しはきっと、Wedelってゆう会社だ間違いない。

マルクトにwedelの路面店あって、(もちろんドワーフもいて)そこではカフェもできて、のぞいてたら、出てきたカップルに、Amazingにniceだよここのチョコは!!!と感動気味に言われた。が、その時は飛行機の時間がせまっていて断念。スーパーでチョコは買ってたからそれでごまかす、、、

 

このしかくいのは中クリーミーなマシュマロ的な。

prince poloはウェハースやからふつうにうまい。あとこの牛のキャンディもうまい。キャラメルより軽いのにクリーミー

f:id:mica_ueda:20200227190736j:image

これはショパンも大好きだった、、!とゆうピアルニキとゆうお菓子。

ヨーロッパにありがちな、オランダでゆうスペキュラース味。のクッキーくと思えばなんかふかふかしている!!なんやろう、、、スペキュラース味の乾パン、、、?保存食な雰囲気を感じる、、、素朴な菓子と言っておこ。↑の写真の黒い箱のクッキーもそれ。コペルニクスの出身地のトルンってゆう街のおやつらしくて、市販のはこのコペルニクってゆう会社のしかみつけられなかったけど、トルンにいけばいっぱいあるらしい。そしてトルンて街も世界遺産の素敵な街だそうだから行ってみたいなぁ。お菓子食べになぁ。うーん変態!

 

 

たくさんたくさんたべたけど、まだまだポーランド の知られざる味があるかと思うと、もうひとつ胃袋があればと悔やまれてなりません!!なんでこんな燃費いいんだ、、、お腹減らなすぎ。

 

そして、ポーランドのごはんはどれもハズレなくおいしい。

そして、近隣の国々の影響うけまくり他のヨーロッパの国とは全然ちがう食文化なのでたのしい。

 

いままで行きたいとか思ったこともなかったのに、すっかり釘つけになったので、今後おすすめの国として広く普及してゆきたいと思います。

 

 

BOLESŁAWIEC

ボレスワヴィエツとよむ。

 

 

3泊もヴロツワフに宿泊するなんて日本から来る人にとったらなかなか贅沢な時間だよね

f:id:mica_ueda:20200218055320j:image

 

(うーん毎日みてもやっぱ美しい)

 

 

ポーランドといえば、ワルシャワクラクフか??

わたしなんてくるまでどちらもピンとこずの知識ゼロでしたけど。

 

クラクフポーランドの京都と呼ばれる古都で、それはそれはいいところらしい。ヴィエリチカ岩塩坑アウシュビッツ収容所と世界遺産にも出かけやすくてみどころたくさん。

 

クラクフついでに1日寄ってみるか、て感じの場所、それがヴロツワフ

 

クラクフいってみようかーなんてちらっとよぎったけど、冬のクラクフは辛いらしい。

しかもヴロツワフから片道3時間のバスとゆう旅程から早々に見送ったひ弱な旅人。

 

けどずっとヴロツワフにいるのももったいない気がして

 

デイトリップにBOLESŁAWIECという都市にいってみようというわけです

 

バスのほうがかなり安いらしいけど電車も往復2000円くらい。ヴロツワフの窓口で往復チケット購入。ヴロツワフ駅の窓口でチケット購入。KDってローカル電車のほう。インターナショナルの窓口は混んでたけどKDのほうはすぐ買えた〜

 

時間はBilkomってサイトで調べられたけど、そんなに本数ないから決めてったほうがいい。とはいえ時間指定ではないらしくて、とりあえず往復チケットです、と伝えて購入。

電車時間までスタバでコーヒー買ったりしたけど、スタバも安くて感動した、、、

オランダのスタバ高くて入る気にならんけど結構みんなのんでるよなあ、、、めっちゃ寒いのに抹茶フラペチーノみたいなんいつも飲んでるんだよなあ、、、オランダ7不思議、、、

 

 

超!快適な電車で1時間ちょっと。

めっちゃ清潔、トイレあり、USBポートもあり!混んでないし、ずっと乗ってれる〜

行きも帰りも検察はしっかり来ました。

 

ボレスワヴィエツは日本でも同じみのポーリッシュポタリーの産地!!!ここで作られるセラミックスこそ、ポーリッシュポタリー。メーカーはいくつかあって、街の郊外にファクトリーが軒を連ねる、、、

 

これはいちばん駅に近い工房。

そとにB品のアウトレット。

 

f:id:mica_ueda:20200218055859j:image
f:id:mica_ueda:20200218055850p:image

 

アウトレットだけでも目ちかちか。

もちろんショップもあって、

それが工房ごとにあって、、、

 

 

もちろん、意気揚々と暖簾をくぐったわけですが、あまりの食器の多さに混乱。よもや帰国が見え始めてることもあって何がほしいのかわからん。てゆーかなんもいらないかも!だって重いんだもんポーリッシュポタリー!!

 

 

とりあえず奥のほうまで散策してたら、他の駐在日本人にもお会いしました。チェコプラハからだそうで、車で2時間ちょいだそうな。

 

奥の方のショッピングプレハブモール(?なんてゆうのだろう?)の、ひとつに、なぜか古道具やさんも兼ねてるアンティークショップがあって、それが気に入って、関係ないものをいくつか購入。なぜか€だった。ドイツもチェコも近いから??アンティーク のポーランド食器もあってたのしかった〜

 

 

お腹へったから

とりあえずボレスワヴィエツといえばここ行っとく的なカフェに行く。

 

Opałkowa Chata

Augusta Cieszkowskiego 17, 59-700 Bolesławiec

 

f:id:mica_ueda:20200218060148j:image

 

11時開店と同時だったのでサラダバーがめっちゃきれいかった。1回だけ皿に好きなだけ盛れる仕組み。

 

大皿か小皿か選べるけど大皿でモリモリ。どれもおいしくって、野菜不足に染みる〜〜

 

f:id:mica_ueda:20200212061607j:image

ザワークラウト使いが上手やなぁ。

 

食べ物まとめのGołąbki、ロールキャベツはここの。

 

メニューがすべて写真つきでわかりやすいし、どれも食べやすかったし、街にぜんっぜん人いないのに、ここだけはめっちゃ賑わってた。他に何もないのかもと思うくらい。

 

ポーランドといえばMiód Pitny(ミュウト・ピトヌィ)とよばれる蜂蜜酒も有名。えらい強いのから軽めのまであるんだけど、ここで頼んだらすごい強いのきた!モンテネグロ のラキアを彷彿とさせる、、、

 

クァーー!てなるやつや!

 

なのにこわいくらい飲みやすくて案外いけてしまう〜〜

ほろ酔いで出て、さいごに駅から1番近い

Ceramic plants BOLESŁAWIEC

Kościuszki 11, 59-700 Bolesławiec

 

f:id:mica_ueda:20200218060246j:image

 

に寄ったら結局なんか色々買ってしまった

多分ほろ酔いのせいだ。3つくらい買うつもりがうっかり10皿買ってしまう魔法の酒、、、はめられたぜ〜〜

 

結局いちばん駅に近いここでしかほとんど買わなかったのであるき損?でもあのアンティーク ショップはなかなか面白かった。

 

ひとしきり陶器ショッピングたのしんだので市街散歩。しびれるほどなんもない、、、

 

f:id:mica_ueda:20200218060427j:image
f:id:mica_ueda:20200218060423j:image
f:id:mica_ueda:20200218060411j:image
f:id:mica_ueda:20200218060418j:image

 

しかし陶器の街らしいモニュメントがあったり、ヴロツワフとはちょっと違った趣きのマルクトを楽しむ。ちょっと淡い色合いがかわいい。いちいちゴミ捨て場とかもかわいいの。

このマルクト広場にあRestauracja Pod Złotym Aniołemってレストランはナポレオンもきたことあるらしい有名レストラン。

 

陶器博物館もあったけど、帰りの電車が2時間に1本しかなかったので逃すとつらいので早々に帰路へ。

 

駅についたら、今までこんなに人いた?てくらい人いた。さすが2時間に1本。切符窓口ひとつしかないから往復買っといてよかったな。

 

まさに陶器の街!!!

てゆーかそれしかないから興味ないと微妙?

街のひととかほとんど見なかったけどなぜ?(土曜日)

 

でもには陶器市もあるらしくて、そのときは、それはそれは大盛り上がりらしい。

ん〜〜〜いいね。

でも子連れだから、これくらい誰もいないくらいもちょうどいいね。

 

 

 

クラクフはまた今度ポーランドにくるときにとっておいたので、きっとまた来る。