上田食堂

オランダから帰りました。京都ぐらし。

Happy Birthday to us

14th!!

 

f:id:mica_ueda:20190131213657j:image

 

かわらない仲間と

 

年々増えてゆく

 

大事にしたい出会いと

 

しあわせ

 

しあわせすぎるわ

 

f:id:mica_ueda:20190131212517j:image

 

 

 

誕生日はだいすきなアルザスで 

 

 

 

おもいがけず

おめでとうをたくさんいただき

ハグもたくさんもらった

ハッピーバースデーさん

 

ありがとうありがとうありがとう

 

 

Montenegro〜blue cave〜

ブルーケーブ!!bluecave!!

 

ゆってたら連れてってもらったはなし

 

そうそう青の洞窟といえばイタリアが有名ですけど、実はクロアチアにもあって!それがまた有名でアナザースカイでは中村アナがそれはもう絶賛オススメしてたんだけれど諦めざるを得ない感じで(ドゥブロヴニクから結構遠くて!かなり不便で!そしてかなりの行列とかで!!)

 

そしたらあるじゃないですかモンテネグロにも

 

 

しかもしかも近いじゃないですかイガロから

 

 

しかーしアクセスが〜ツアーに参加かタクシーボートしかなーい

 

ツアーは20€くらいであるんだけど、青の洞窟は午前のほうが日光の関係できれいとかで午前のツアーしかない。けどオットは午後からしか行けないし、、、一人でいこかなーてゆうたらズルイ言われるし

 

あーでも行きたいなーなんて言いまくっていたら

 

ブルーノがみんなで行こーっ!!!

ってさっさとタクシー予約してくれた。

 

 

タクシーボートは個人ツアーみたいな

 

10人集まってigaloの港から出発ー!!

ひゃっほーい気持ちいい〜〜

 

ような結構揺れる、、、

 

f:id:mica_ueda:20190107164606j:image

 

途中とおるマムラ島

 

島全体が元強制収容所のMamula

 

降り立つんかと思ったら結構手前でstop!!

 

"さぁどうぞ"

???

 

どうぞ?よくわからんけど飛び込めばオケ?

 

てゆーかボートとまるとめっちゃ揺れる〜〜〜きもちわるい〜〜〜

 

乗り物苦手なわたしには結構きつい!

ので逃げるようにドボン

 

て、半端なく深い、、、

 

5.6m??

 

あ、あんまボートから離れたら死ぬやもしれん

 

(浮き輪もってくればよかった)

 

ここでもやはり欧州人たち普通に立ち泳ぎで余裕で会話してるスゴスギ

 

にしても海きれい(もうこれしか言葉でないんか)

底も見渡せるほどきれい!ほんと透明!!私も魚になりたい!けど案外沈まないもので1m限界てゆーかほんと30代カラダ重い、、、重いけどもぐれはしない、、、脂肪で浮く、、、

 

ボートもどるのもヒィヒィゆう

 

死ぬ前にもどっとこ

 

全員ボートのぼったらまた出発!

 

f:id:mica_ueda:20190107164547j:image

 

奥に見えてるのもなんらかの遺跡

 

そしてついに青の洞窟到着ー!

港からは30分弱?

 

中はそんな広くないのでどうやら入れるボート数がきまってるとか

 

午前はすごい混んでるみたいけど、すでに15時とかなのでわりと空いててすいーっと入れた!!!

 

あおいー!!わかりにくいけど

 

f:id:mica_ueda:20190108154519j:image

 

青の洞窟!!!

 

f:id:mica_ueda:20190108154500j:image

 

たぶん、光が午前ならいっぱいはいってきて、かなり青く見えると思うけど、もう十分きれーだった。

 

そしてモンテネグロの青の洞窟は泳げる!

 

潜っても青!(ToT)

 

感動です。お魚も大漁です。

 

メンバーの一人はダイバーかと思うほど楽しんでてうらやましい

 

あーライセンスとっちゃう気持ちわかるーーー

 

ここもふつーに深くて死にそうやけど

 

でも狭い洞窟内。船がくるたびかなりボート揺れる。

 

このとき、泳ぐ用意せずで見学だけで同乗してた方もいたんだけどかなりつらい思いをしたと思う。

私も海に逃げてなければかなりグロいことになってた、、、

 

 

制限時間があるんだかないんだか

 

ボートが増えてきたら退散。

 

 

f:id:mica_ueda:20190108155025j:image

 

船の上でも🍻

 

みんなリュックに色々隠しすぎ!

 

 

さいごはなぞのプライベートビーチに到着

f:id:mica_ueda:20190108155519j:image

 

もう夕方、、、結構寒くなってきた、、、

 

f:id:mica_ueda:20190108155425j:image

 

予約できるベッド、、、

 

♥♥♥

 

あと海にまたウニが!

 

ペットボトル駆使してゲットしたものの中は全部からっぽで

メスとオスらしいんやけど

 いっこだけほんのり身があったけれど、日本人しかおいしくはないようだ

 

文化〜〜

 

さいごはまたイガロにもどって、ひとり10€くらいで楽しいツアーでした!

(船酔いのひとほんまかわいそうやった、、、ボートツアーには要注意)

 

 

みんなで夕飯

 

f:id:mica_ueda:20190108155941j:image

さいごの夜

 

モンテネグロっぽいものを、、、

 

肉で肉でまいてる大胆なフライ

 

こう見えても淡白な味がモンテネグロ

おしょうゆかけたい

 

 

翌朝は早かったのだけどホテルはちゃんと紙袋に朝食を用意していてくれました。

 

まずいけど

フヴァラ!(ありがとう!)(しか覚えれんかった!)

 

それにしてもモンテネグロよかった。

 

3年に一度このあたりで学会だそうだから、ぜひともまた来たい。

 

クロアチアのついでに来る人も多いみたいだけれど、モンテネグロから逆にドゥブロヴニクにデイトリップくらいでいいんじゃない?てゆうほどです。

 

とにもかくにも綺麗な海に癒された5日間

 

 

またこの海に潜れるように、たまには泳ぐ練習もしないとな

 

 

またこの海にこれますように!

 

連れてきてくれた旦那さま

日本でこどもたちをかわるがわるみてくれた祖父母に心から感謝!

 

人生の一大イベントともゆうべき旅行になりました。

 

あーたのしかった

 

あーまたがんばろ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Montenegro〜4日目〜

モンテネグロ4日目はとりあえず歩いてみる

 

おとなりherceg noviはigaloより賑わっていそうだったのでのんびりあるいてみよ!

 

40分くらいのちょうどよいお散歩コース

 

 

 

 

f:id:mica_ueda:20190102231527j:image

 

スーパーマーケットめぐりがライフワークなんですがこちらの最もメジャーっぽいスーパーがIDEAってゆうスーパー。

 

朝から晩までやっててイオン的な

 

igalo→herceg noviのあいだにも3軒ほどあってそろそろ飽きてきた

 

ヘルツェグノヴィついたら市場はっけん!!!!

 

Gradska Pijaca Herceg Novi

 

f:id:mica_ueda:20190102231829j:image

 

わ^ ^

テンションあがるー

 

でももう明日帰るから果物とか食べる暇なし、、、(ToT)ラズベリーとか山ほど買ってジャムにしてやりたいよ!

 

f:id:mica_ueda:20190102231943j:image

 

ハーブやさん!なんかかわいいので色々買ってみる。

 

おじさん英語全くできないようなんでジェスチャーで何に効くとか一生懸命教えてくれます。

 

モンテネグロやしそんな高くないやろって適当にかったら11€

 

意外とした!

 

Googleマップの口コミにもあったけどちょいとスーパーとかより高い目〜

 

f:id:mica_ueda:20190102232157j:image

ヘルツェグノヴィの街もひとりゆっくりとぷーらぷら

f:id:mica_ueda:20190103154513j:image

初日に訪れたKanli-kulaと並ぶ歴史的観光名所

Fortress FORTE MAREにも行ってみましょう

入場は2€。歴史的資料や文化財みたいなものはありません!展望台といったほうがいいかも。

f:id:mica_ueda:20190103154418j:image

 

あー海きれいー

この旅毎日ゆってるー

 

 

でも昨日のコトルがすごかったからね

ひとりだしね

ささやかに写真撮って退場

 

 

そうこうしていたら学会の昼休み時間が近づいてきた!

 

ランチしにかえらな!

 

 

ぷらぷらしてるふりしてめっちゃ買い物しちゃったから重くてバスで帰る。

 

前回たまたまバスのれた場所に行ったら、バス停的目印はないけどやっぱりバスとまってくれた。先払いなのでホテルの名前もついでに言ったら降りるときまで親切に教えてくれた。

 

いったん荷物おいてオットとランチ。

 

そろそろビーチのキラキラレストランにも飽きてきたので現地っぽいとこ攻めてみよ!

 

そんなわけで海とは反対なんにもない国道沿いにあらわれたこちらのレストラン〜〜

Express Restaurant Petlja

 

f:id:mica_ueda:20190103222240j:image

 

うわー観光客およびでなーい

 

メニューに英語とか一切なーい

 

てゆーか注文のシステムもよくわからなーい

 

先客が学食みたいにトレーもってならんでたからうちらもつづく

 

完全によくわからないけど指差し注文

 

 

なんか食べ物もらえた

 

f:id:mica_ueda:20190103222629j:image

 

ふたりで10€しなかったし!

そんで茶色〜〜肉肉🍖🍖🍖

 

なんかデザートもおいしそーだったけどまんぷくすぎる。

 

昼からはパッキングしたり

またプールで泳いでたり

 

(ひとりでビーチいく勇気ないチキンなわたし)

 

夜急に水球始めるみんな

 

f:id:mica_ueda:20190104182400j:image

 

モンテネグロの国技やけどヨーロッパでは割とメジャーなスポーツなのか?みんな普通にできるの???

 

 

 

てゆーかなんでみんなボール片手に泳げる(浮ける)んやろ、、、しかも男女とも余裕、、、

 

ほんまヨーロッパの人たちには人種で負けてる感

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Montenegro〜Kotor〜

あくまでもオットは学会のためひとりの時間多め。

ホテルの(すごい深い)プールで(本気で)泳いでみたり

(監視員なしなんで普通に死ぬかもとか思う)

 

とにかくだいすきな地元スーパーをくまなく散策したり

 

うろうろうろうろとお散歩して過ごす日中

 

 

ほんのり心配してたけど、全く治安に関しては安全。と言い切ってもいい気がした。ヨーロッパ人のリゾートでしかないようで、学会関係者以外のアジア人もほぼいない。中国人すらいない!チャイニーズレストランもない!!そろそろ米恋しい!!脱線!

 

ヨーロッパ版海の家はピザとジェラートばっかり〜〜中華たべたーい

 

学会3日目の本日は夜にバンケットのため午後から休講。

 

それを利用して、最寄りの世界遺産、コトルにでかけました。

 

f:id:mica_ueda:20181218222125j:image

 

igaloからKotorまでの交通手段はあまり調べてもでてこなかったので、いつか誰かの参考になる?かも?と思って書いてみます。

 

交通手段はバス、もしくはタクシー。ボートタクシーで海から攻めることもできるらしい。

我々はバスでいく王道ルート。

バスは小さな町Igaloからは出てなくておとなりherceg noviまで行って乗り換える。herceg noviまでのバスは割と頻繁にでてたけど、ほかの同行者もいればタクシーでもほぼ変わらない。

 

今回はオットと先生と3人いたのでタクシーでターミナルまで。

 

herceg noviの大きなバスターミナルにはちゃんとめのチケットカウンター

。kotorまでは3€以下!やすい!

でもチケットはレシートみたいなやつなんでほんとうっかりぐちゃっとしてしまいそうなので注意!

 

このバスターミナルは特急バスのみで、市バスみたいのはとまらないみたい。

 

 

ちなみに、ヘルツェグノヴィからコトルへいくバスの時刻表は、一応ホテルからもバス会社へ電話してきいてもらったけれど、このサイトでも調べられた

 

https://busticket4.me/MNE

英語サイトもあるし

 

 

あと色々みたけどサイトごとに値段もちがうのはなぜだ

 

 

バスは定刻できて、きれーなおねーちゃんがチケット切ってくれた。バスもきれい!全然いいやんバス!海岸沿いをゆくのでアドリア海のきれいな景色をながめながら、揺られること1時間

 

f:id:mica_ueda:20181231081257j:image

 

海に浮かぶ協会きれい

右は人口島"岩礁の聖母島"

 

世界遺産都市コトルに到着!

 

 

f:id:mica_ueda:20181231075212j:image

 

ついたー

観光客がじゃんじゃんきてます!にぎやか。

 

久しぶりに日本人にも遭遇。

ドゥブロヴニクからのデイトリップとしても人気なので観光バスからどんどん降りてくるわ。

 

f:id:mica_ueda:20181231075250j:image

 

巨人の服

 

ながながら遅めのおひるごはん

 

(ほんとはファストフードくらいにして観光したかったけど)

 

f:id:mica_ueda:20181231075408j:image

 

やっぱりイタリア料理

夜にパーティ控えてるんで軽くブルスケッタと白ワイン。

 

モンテネグロはワインも安くて美味しいな

 

さてお昼食べたら町歩き!

コトルだけじゃないけど、このモンテネグロという国はかなり複雑の歴史があって、ここコトルも時代とともにヴェネツィアになったり、オーストリアになったり、セルビアになったりしている。

 

だから色んな建物がある、と言っていた気がする。

 

この街のみどころはそんな歴史的協会(定番)と岩壁にそびえる古城。

 

廃墟になった古城から、コトルの街とアドリア海を眺める

 

べく出発、、、!!!!!

 

 

よいしょってのぼったとこ

f:id:mica_ueda:20181231081707j:image

 

おぉーバカでかい豪華客船がちょっと遠くみえる

 

きれいきれい

 

くらいのとこで入城?てゆうか入山ゲート。6€くらいした気がする。そこで先生リタイア!!!せっかくくたんだし登らなきゃ!てことで我々たけで入山。

 

※後で調べたらフリーて入れちゃう裏ルートもある、らしい※

 

 

キレイキレイーて笑ってたんも途中まで。

暑いのもあいまってヒーヒー、、、暑い、、、み、水、、、

 

途中で売ってるボッタクリウォーターもつい買ってしまうん仕方ない

(てゆーかこのおばーちゃん水かかえて毎日こんなとこまで登ってるとかすごすぎ)

 

 

でも、でも、、、

 

頂上からの眺めは本当最高です

 

f:id:mica_ueda:20181231163132j:image

 

 

コトル湾を一望、、、

うん。絶景。

 

 

マンションみたいにでかかった豪華客船もかなり小さくみえるーーー

 

ほんとここまで大変だったぶん、いつまでも眺めて、、、いたい、、、

 

のに!

 

あかん!17時からヘルツェグノヴィで船上パーティーいくんにもう帰らなあかん!!!

 

てなって猛ダッシュで下山。

駆け降りすぎて転がりそう!!!!!

 

ワンピースめくりあげて大爆走!

あぁこんな張り付く服着てきたわたしのバカ!

 

ひ、ひざがくがく:(;゙゚'ω゚'):

 

先生との約束の時間を5分ほどすぎなぜか先生ひとりでタクシーで出発🚕

 

まじか

 

しかし!バスにギリギリ間に合いそうだ!

 

バスチケットカウンタへかけこむ!

 

そしたら入れ墨バンバン髪型ファンキーにいちゃん4人組がカウンターのおじさんとパスポート片手に大変わかりやすく揉めている、、、

 

嫌な予感がします

 

バスがきています

 

チケットかわせて!!!!涙

 

てゆーかカウンター他も開けろよ!!!怒怒

 

て世界各国の言葉で後ろからもブーイング👎怒怒怒

 

バスの運転手ももうチケットいいから乗せたげたらいいやん!怒

 

てゆってるのに

 

"え〜〜それはだめ〜〜〜"

 

みたいなんゆうてるよね?セルビア語わかんないけど絶対そうゆってるよね??

 

あげくバスが怒って定刻またず、なんならドア開いたまま出発!!!

 

えーーーー待ってーーーーーー

 

 

おわった、、、

 

モンテネグロのバスの評価一気にさがる

 

 

 

まぁもうタクシーで帰るしかない

 

てゆーかタクシーでもギリギリや

 

白タクとかゆってらんないのでそのへんのじいさんドライバー捕まえて(たしか25€てゆわれたけど多分相場)ついていったらベンツかよファンキー!

 

あやしいじいさんの黒タクでバスの10倍はらってかえる。こわー

 

 

ようやくヘルツェグノヴィのバスターミナル戻って、あやしいじいさんはちゃんと言い値をこっそり受け取って(やっぱり隠れタクシーだったのかな)おろしてくれた

 

ひぃひぃ言いながら、ヘルツェグノヴィの港へ、学会の船上バンケットパーティの集合時間に滑り込み、、、

 

 

まにあったぁーーー

 

ま、知ってたけどこっちは定刻にとか全然来ない

 

結構待つし

 

走ってタクシーして走ったのにね、知ってたけどね

 

汗もひいたころ、船が現れ乗り込む。

陸を離れたらすぐに料理がやってきた  

 

f:id:mica_ueda:20181231233316j:image

イカスミリゾット、トマトリゾット、レバーペースト、、、

 

2皿目の白身魚の丸焼きは、日本人の我々には慣れた感じだったけどヨーロッパ人の若い子は躊躇してたな、、、

 

 

f:id:mica_ueda:20181231233530j:image

 

あぁ、アドリア海にしずむ夕日と白ワイン

 

ながい一日だった

 

f:id:mica_ueda:20181231233629j:image

 

なんとこの船、コトル湾にむかってぐるりとするので日中走ったルートを海上から見る感じ。

 

遠くに見えてた協会が近い

 

風景静かだけど船上はすでにディスコ(死)状態

 

f:id:mica_ueda:20181231233934j:image

 

あまりの騒がしさにみんな出てきた

騒音船

 

学会って、、、?

 

 

みなさんたのしそう

わたしもH&Mでボディラインピチピチの原色服買ってくればよかった

 

アジア人は踊らない

 

もっと踊れば楽しいのにね

 

帰国してムスメにはとにかく踊らせよ、っと心に決めたのでした

 

コトル湾をぐるりとして帰港は23時過ぎ、、

 

はー

なんだか詰まった一日だったなぁ!

 

コトル攻略ポイント

・バスで行くなら往復チケットを買っておこう

 

・城壁めぐりはせめてないけない(時間も、体力も)

・それは観光ではない、トレッキングだ

・夏の登山水は多めに

・子連れはかなりがんばることを覚悟しましょう

・トイレにいっておこう

Montenegro〜herceg novi〜

翌日は約束どおりマリアンヌと約束していたフェリーに乗りに

どこにいくのかはよくわからないけど!

 

Igaloにはフェリーのりばがないのでherceg noviまで歩く。

 

Roseという町?はヘルツェグノビからすぐ対岸なのだけど、湾になってて陸路だとかなり遠回り。

 

f:id:mica_ueda:20181208231957j:image

 

観光とかではなく普通に現地の交通手段らしく値段も1€くらいだった

 

着いたらほとんど誰もいなくてリゾート用無人島かとおもうほど(島ではないけど)

ビーチが広がっていて別荘なのかなーみたいなお宅がちらっと。あとはホテルとカフェが2.3軒

 

 

海がほんときれい

 

f:id:mica_ueda:20181208232336j:image

透明度!!!

青い!!!

 

 

f:id:mica_ueda:20181208232412j:image

 

そっこーでドボン!

 

そんで深い!!

日本とちがって容赦なく深い!!すぐ深い!!!

 

1mほど進むともう足つかなくて、

 

う、浮き輪持って来ればよかった、、、

死ぬかも、、、

 

にしてもきれいすぎてずっと潜ってたい〜〜

いままでダイビングとか興味なかったけど、気持ちわかった

 

あとウニ!ウニだらけ〜〜

食べれるのかな〜〜〜

 

こちらの人ウニたべないもんねー

 

けど痛そうだから触れず

 

のんびり泳いで過ごしてコーヒーのんで

また同じフェリーで帰ります

 

マリアンヌは一回り以上も年上で、どちらかとゆえば母くらいの存在だけど、わたしのつたない英語とフランス語なまりの英語でコミュニケーションはあやしかったけど、さすがは高校教師であたたかかったです。

こんな生徒いたら落ちこぼれだ絶対

 

f:id:mica_ueda:20181208232802j:image

わりとフェリーもある⛴

 

小さい船なので酔いそう、、、

 

 

ヘルツェグノヴィにもどったら、学会にでているみんなと合流してランチ

Gradska Kafana

Njegoševa 31 Herceg Novi Montenegro, Njegoševa, Herceg - Novi, モンテネグロ

 

f:id:mica_ueda:20181208233032j:image

眺めのいいレストランでシーフード。

このあたりの名物イカスミリゾットをはじめて食べてみる!おいしーい!でも口が邪悪になる〜〜〜

 

そしてドゥブロヴニクにくらべて安い(TT)て、みんな感激

 

安くて普通においしいの!

 

おやつはもちろんジェラート

 

 

学会、昼休みが4時間ほどあるので(さすがヨーロッパ!)ヘルツェグノヴィの街をすこし散策して帰る

 

特に大きな街ではないけど、イガロよりは充実してそう

 

歴史的名所は、もと要塞であった

Kanli-kulaとfortmare

 Kanli-kulaはもと監獄?だったそうだけど、いまは夏のコンサートなどの会場にもなっているらしい

 

なるほど、このアドリア海をバックにライブなんてすてき

 

f:id:mica_ueda:20181208234803j:image

 

特になんも無いけどあまり人もいないので舞台を楽しんでみる

ドゥブロヴニクの喧騒からすればここは本当にのんびり

 

また夕方の学会に合わせて帰らないといけないのでバスでもどる。

バス停はよくわからなかったけど、なんか来たからのったら着いた。

バス停らしき看板はなかったけど、ほかの人がいたからのれた、くらい!ラッキー!だけど降りる場所をミス!

 

一駅行き過ぎた。

海外のバスは難しい。

 

ホテルに帰ったらのんびりプール。

 

と、言いたかったのになんと水深2m。全く油断したら普通に死ぬ。普通にスポーツ。こんな泳いだん久しぶりや、、。

 

そういえばモンテネグロ水球が有名だってマリアンヌがゆってた、、、

海にもたくさん水球用コートがあったな、、、

(あとで調べたら、モンテネグロの国技は水球だそうです)

 

夜はホテルでごはん〜

宿泊にごはん着いてるってことだったので行ってみた!!ら、バイキングは超健康的で、なるほど保養施設、、、としみじみ味わいました。

 

もちろんノンアルコール!

 

 

 

 

 

Montenegro〜igalo〜

たびの最終目的地、モンテネグロに到着。

 

空港に向かったふりをしましたが、空港から学会のタクシーに乗っただけの陸路移動。

 

f:id:mica_ueda:20181127055723p:image

 

ドゥブロヴニクから30分ちょっと。

のはずだけど陸の国境越え、パスポートコントロールがすごい並んでて結構時間はかかったー

 

 

街並みはクロアチアから続くアドリア海のオレンジ屋根のまま、Igaloに到着〜

 

どうみても欧州版かんぽの宿だけど仕方ない〜〜学会会場だし。

 

目の前はアドリア海のビーチ。

たーくさんの人がヴァカンスを楽しんでいて、荷物を置いてチェックイン後わたしたちもお昼を求めてうろうろ。

 

 

 

私ははじめての東欧!

どんなごはんにあえるのかなーってワクワクしてたけど、ここはリゾート、、、イタリアンしかなーい

 

イタリアすぐそこだもんね、クロアチアでもイタリアンばっかりだったもんね、、、

 

仕方ないので入ったイタリアン割と美味しかった

f:id:mica_ueda:20181127060639j:image

 

ドゥブロヴニクに比べてかなり物価が安いのはうれしいなぁコーヒーも1€くらい!(ドゥブロヴニクは3€くらい)

 

オットはここで5日間の学会なので、1人で時間スタート。よるまでどうやって過ごそうかなーと思ってたら、フランスからきた、同じく夫の学会に一緒にきたマリアンヌがサイクリングに誘ってくれた。

 

彼女のご主人が学会の主催者の一人なので、すでに3日間をこの海以外何もないイガロで過ごしこの辺りに飽きてたらしい。

 

ホテルのレンタサイクルはかなりのオンボロで、ブレーキ半分壊れてるしなぜかギアがないと貸せないとかいうしサドル動かないしなのに1時間3€もした。

 

でも自転車でびゅんびゅん海沿いを走るのはたのしいな

 

マリアンヌが色々とこの辺りのこと教えてくれたり、美味しかったレストランを教えてくれたり

 

翌日はフェリーにのって対岸まで行こう!てなってとりあえず帰宅

 

夜はバンケットでごはん

f:id:mica_ueda:20181127061612j:imagef:id:mica_ueda:20181127061634j:image

 

海外のケータリング〜〜

 

 

 

 

 

Duburognik

あこがれのドゥブロヴニク到着!!

 

夏帆ちゃんのアナザースカイ4回くらいみてきた。

 

 

しかしヨーロッパのあてにならない天気予報が予想を覆して大当たりでめっちゃ雨☂️朝から雨〜どうしよーってゆってるあいだに晴れてきた☀️

 

ドゥブロヴニク観光は、晴れてるうちに城壁巡りからスタート!ピレ門から入場。

 

チケット売り場と入場門と、行列多くて惑わされる。でもオフィシャルのチケットセンターはそんなに混んでない。

城壁巡りの途中にもいくつかあるミュージアムや、バスにものれちゃうドゥブロヴニクカードとやらが圧倒的におトクそうであった。

しかし何も興味なしのため入場券のみ購入。

 

城壁の上をぐるりと観光。

f:id:mica_ueda:20181103230420j:image 

 

f:id:mica_ueda:20181103230548j:image

 

見飽きることない景色にゆっくり写真とりながらぐるりと一周。

 

 

途中なんどかポイントで検閲あり。

二回はまわれないのかも?

 

 

アップダウンも激しくって息切れ

 

f:id:mica_ueda:20181103230834j:image

 

でも、きれーーーい

 

そんで暑い!もう雨一滴も降らないし!!

 

帽子サングラスないときついくらい暑くてまぶしい。

 

一周したら、すでに13時すぎ。

おひる!

 

ドゥブロヴニクて何料理なんやろーっておもっていたけど、イタリアと近いせいかイタリアン多め。観光地だしね。

しかしイタリアから来た笑笑としては違うの食べたい。

 

えらんだのは

東ヨーロッパ料理店

Taj Mahal Old Town
Ul. Nikole Gučetića 2, 20000, Dubrovnik

 

f:id:mica_ueda:20181105155503j:image

 

このパンにソーセージみたいの挟んだのが、チェバプチチってゆう食べ物なんだけどこれがほんっとおいしくて、帰国してからも作り続けたーラムがいい感じだし、一緒にたべるカイマクってゆうサワークリーム的なクリームも最高に合う!思い出したらまた食べたくなった!

 

あとパイ包みも濃厚でサクサク!お肉をクリームで煮たやつが包まれてる。

 

トマトスープもなめらかであったまるしほんとどれ食べても絶品だったしまた行きたい。常に満席だし予約しに来る人もちらほら。

 

ほかのテーブルに運ばれる料理もぜーんぶおいしそうでした。肉肉しいの好きな人はたまらんです。

 

そのあとは、

城壁内もウロウロ

 

f:id:mica_ueda:20181105160602j:image

 

世界で3番目に古い薬局があるとゆう修道院は日曜のためお休みだったけど教会の美術館を見学。なぜか無料にしてくれた。なぜ?

中にはつい最近まで戦争していたあとが生々しく残っていて、はっとした。

 

修道院の前にある、上にのぼって上着脱ぐと恋が叶うやつ!夏帆ちゃんがやってたやつ!無理!

 

坂の町はどの小道もかわいい。

 

いったん壁の外にでて、ロヴリイェナツ要塞へ。

 

ドゥブロヴニクのぼってばっかりや、、、これはお年寄りにはきつい。

 

城壁のチケットで入れるので捨てないように!

 

要塞からはドゥブロヴニク市街が一望できて、アドリア海の青はそれはもう美しくって、何時間でもみていられそう

 

f:id:mica_ueda:20181105161422j:image

 

高すぎて高所恐怖症な私は夢に見るほど怖かった。きれいだけど。

 

明るいからうかうかしてたら閉門までいてしまった。

 

 

取り残されたらこわすぎる!

 

お昼が遅すぎたのでお腹全然へらず。

 

バーでラキアデビュー

f:id:mica_ueda:20181105161828j:image

 

これはきついぞ

 

 

やっぱり海きたしシーフードたべたい!てことで

 

f:id:mica_ueda:20181105162054j:image

 

なんかかわいらしいとこきた。

 

でもシーフードはやっぱり日本だな、と心底おもうのでした。

 

 

帰ろうとしたら、お空が荒れ模様!

幻想的な雷空に思わずうっとりするほど。しばらく眺めたけど、降りそうな気配にホテルに帰った瞬間、嵐のような土砂降りー!!!!

 

せ、セーフ!

 

宿泊先ルームズピレは古い洋館みたいでちょっとこわい。他にもだれか泊まってるのかなー最後までだれも会わず。そしておばちゃんが気配かくしすぎてていつもびっくりしてしまう。ホラー。(めっちゃいいひとです)

そしてルームズピレはお湯を溜めてつかうタイプだったので先に夫がつかったら、私のときには水だったので震えた。

 

f:id:mica_ueda:20181105164116j:image

これがホテル。ひっそりしすぎてて最初わからなかったー

 

 

最終日(もう最終日!)早起きして朝さんぽ。

 

f:id:mica_ueda:20181105164545j:image

 

朝は人もすくなくてきれい!道路がツヤツヤしてるのはわざとなんだって。裸足で歩きたくなるようなツルツル。

昨日はしまっていたフランシスコ修道院のマラ・ブラーチャ薬局へ。

f:id:mica_ueda:20181105163712j:image

 

なんと開店7時から。

助かるーう

 

めっちゃ混んでる、とか中国人が買い占めてる、とか色々口コミあったけど、恥ずかしいくらいだれもいなかった。

 

ローズウォーターやリップを購入。

物価超高めのドゥブロヴニクにしてはそこまで高くなかった気がする。

 

食べ損ねたロジャータ(東欧のプリン!)を求めてモーニングへ

ドゥブロヴニクて幅をきかせてそうなこちらに

Gradska kavana Arsenal

Ul. Pred Dvorom 1, 20000, Dubrovnik, クロアチア

 

f:id:mica_ueda:20181105164222j:image

 

おぉープリン!

 

しゃれたプリン!

味ふつーー!!

 

またも失敗。ふつーにクロワッサンとコーヒーにすればよかったー爆

f:id:mica_ueda:20181105164528j:image

 

雰囲気がだいじ。

 

f:id:mica_ueda:20181105164817j:image

 

朝市やってる!

もりもりの果物、野菜、かわいいーーー

果物とかたくさん買いたかったなーーあぁー

 

足早にホテルをチェックアウトして、空港へ向かうバス乗り場へ。

ケーブルカーの乗り場のとこまでガラガラ引きずりながら。

 

そう、ケーブルカーはカットしちゃったんだなー

 

f:id:mica_ueda:20181105165048j:image

 

 

 

下から眺めただけ!

 

2泊したけどほぼ観光は1日だけ。

それでも割と充分、な小さな町ドゥブロヴニク

 

きれいだけどきれいだけど

物価高すぎて長居は無用。

 

さようなら、また来るときはあるかな?